不動産の名義変更の手続き

相続や生前贈与などで不動産を取得した場合、名義変更をする必要があります。相続の場合には相続登記が必要で、相続登記申請書類を、法務局へ申請することで手続きを行います。書類申請後に法務局の審査を待って、許可が下りれば手続き完了となります。相続登記に必要となる書類は、故人と相続人の戸籍謄本や住民票などのほかに、固定資産評価証明書などが必要です。生前贈与の場合には、登記簿謄本や戸籍、住民票などの書類が必要で、申請書類と一緒に法務局へ提出します。相続登記では、手続きが終わってから不動産の資産価値に応じた相続税が発生し、生前贈与の場合には贈与税が必要になります。親族間での名義変更の場合には、税金のことも考えて、生前に贈与する方がいいのか、相続の方がいいのかあらかじめ決めておく必要があります。不動産売買によって手続きを行う場合にも、登記済権利書や印鑑証明書などの書類が必要です。相続や生前贈与、売買など、名義変更の理由によって、必要な手続きや必要書類、費用なども違います。

板橋駅 賃貸

賃貸管理 京都

赤羽駅で探す賃貸マンション

赤羽 賃貸

川口で賃貸物件を探すなら地域密着のこの不動産

情報一覧

関連メニュー

不動産の名義変更は、法務局に所有権移転登記を申請することによって行います。 相続の場合にも、相続を原

不動産を相続した時の名義変更

先日、祖父がなくなり遺品の整理をしていました。現金や保険は家族で話し合って相続を進めたのですが、今は

名義変更は専門家に任せるべきか。

不動産の名義変更を無事に済ませるには、事前にやっておくべき手続きを知っておく作業が大切です。法的に有

相続で重要となる項目

土地や建物は「モノ」のように簡単に変えるのが難しく、基本的には名義変更という方法が必要となってきます

名義変更を事前に行う重要性

Copyright© 不動産 名義変更 All Rights Reserved.

不動産の名義変更の手続き
不動産 名義変更