不動産 名義変更について

不動産を相続した時の名義変更

不動産の名義変更は、法務局に所有権移転登記を申請することによって行います。 相続の場合にも、相続を原因とする所有権移転登記(いわゆる相続登記)を申請します。 相続を原因とする所有権移転登記には、いつまでにしなくてはならないという期限はありません。 相続税の申告は、亡くなったあと10か月以内にしなくてはならないなど、相続にかかわるものには期限があるものもありますが、相続を原因とする所有権移転登記には期限はないのです。 従って、相続登記をせずに、長期間放っておくというケースも少なからず見受けられるのが実情です。 しかし、相続登記をせずに放っておくと、後々問題が生じることも少なくありません。相続登記は、時間が経てば経つほど、当事者が増えて、権利関係が複雑になっていくからです。 相続登記をせずに長期間放置していると、相続人も亡くなり、新たな相続が発生するということが起きます。これが繰り返されると、相続人が数十人にも及ぶケースも発生してしまいます。 こうなってしまうと、解決は非常に困難になってきます。 相続登記には期限はありませんが、このようなことが起きないように、早めに相続による名義変更登記をしておいたほうがよいのです。

Copyright© 不動産 名義変更 All Rights Reserved.

不動産を相続した時の名義変更
不動産 名義変更